椎間板ヘルニア

ヘルニアってどんなもの?

このストレッチで辛い腰痛が改善されました

腰が痛いというとき、「ヘルニア」が原因だということを、よく聞かれることと思います。
しかし、そもそもヘルニアってどういうことなのでしょうか?

「ヘルニア」という言葉の意味は、臓器が本来あるべきところから飛び出してしまっている状態のことを言います。
腰痛で言う「ヘルニア」は、椎間板が飛び出している状態、すなわち「椎間板ヘルニア」のことが多いと思います。

椎間板というのは、背中の脊柱を構成している椎骨の間の円形の軟骨のことですが、この椎間板が飛び出してしまうことが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアになると、本来あるべき場所から椎間板が突出してしまうために、神経が圧迫されて激痛が起きたりするのです。
そのほか、足や腰に痺れを感じたり、激痛のために排尿や排便が困難になることもあります。

このように、ヘルニアになると日常生活に大きな支障をきたすことになりますので、症状が出たら早目の治療が必要となりますね。

無症状のヘルニアもあるくらいなので、症状の強さは人それぞれですが、椎間板ヘルニアを放置すると症状がますます悪化する恐れがあります。
ですから、腰や足に異常や違和感を感じたら、早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

どのような症状がでるのでしょうか?

椎間板ヘルニアになると、下記のような症状が出ることが多いです。

・激しい腰痛
・腰から足にかけての痺れや痛み
・感覚障害
・筋力低下
・坐骨神経痛
・排尿障害および排便障害
・便秘
・頻尿
・インポテンツ

椎間板ヘルニアでは、激しい腰痛が出ることが最も多いのですが、せき、くしゃみなどをするだけで酷い痛みを感じることもあるでしょう。
また、腰の痛みだけでなく、足まで痛みが広がったり、腰から足がしびれたりということもあります。

ヘルニアになると神経が圧迫されてしまいますので、痛みやしびれだけでなく、感覚障害や筋力低下を伴うケースもあります。
脊髄や神経根の圧迫により、坐骨神経痛が併発する症例も少なくありません。

症状が重くなると、排尿障害や排便障害が起こり、便秘や頻尿、インポテンツに繋がることもあります。

一般に、椎間板ヘルニアになると、激しい腰痛で立っているのもイスに座っているのも辛くなることが多いです。
しかし、無症状のヘルニアというのもありますので、強い痛みがなくても足腰の違和感、しびれなどがある場合には、椎間板ヘルニアの可能性も考慮することが必要かもしれませんね。

椎間板ヘルニアは、日常生活に支障をきたす上に、自己流で治すこともできませんので、早めに医師の診断を仰ぐことが最善の策だといえるでしょう。

椎間板ヘルニアの痛みを和らげるストレッチ

椎間板ヘルニアになると、痛みに悩まされて気持ちまで辛くなりますね。
この痛み、少しでもましになれば、と思います。

そんなとき、椎間板ヘルニアの痛みを和らげるストレッチをやってみませんか?

ただし、ストレッチもできない位に痛みが強い方、症状が重い方は、医師に相談してから実践してくださいね。


1 あぐらをかき、両足の足裏を合わせます。
2 足の裏をぴったりつけたまま、足を抱えるようにして体を腰から倒します。
3 その姿勢を5秒間キープします。

このストレッチを毎日続けることで、椎間板ヘルニアの痛みが和らぐ例が多いそうです。
一般的な腰痛でも、とても気持ちがいいストレッチですね。

ストレッチをする際には、足の裏がぴったり合わさっていないと効果が落ちてしまいますので、意識して足の裏がつくようにしてやってみましょう。

ストレッチをしていて痛みが出る方は、無理に続けてはいけません。
ヘルニアの痛みを和らげるためのストレッチですから、「気持ちイイ」と感じられる範囲で実践しましょう。

本当に、椎間板ヘルニアの症状が重い方は、ストレッチをしても効果が薄いです。
まずは、医師と相談して適切な治療を受けられた方が良いでしょう。


このストレッチで辛い腰痛が改善されました

椎間板ヘルニアエントリー一覧