脊椎管狭窄症

脊椎管狭窄症の症状

このストレッチで辛い腰痛が改善されました

腰痛の原因のひとつとされる脊椎管狭窄症ですが、どのような症状が出るのでしょうか。

脊椎管狭窄症の主な症状には、

・上肢の痺れや痛み
・腕のだるさや重さ
・腰の重みと痛み
・足の痛みと痺れ
・間欠跛行

が挙げられます。


このうち、頸椎のような脊椎上部に狭窄が起こって出る症状が、上肢の痺れや痛み、腕のだるさや重さなどです。
腕や指に力を入れることができず、自由に動かせないこともあります。

一方、腰痛の原因となるのは、腰部脊椎管狭窄症です。
脊椎の腰部に狭窄が起こった場合には、腰の重みと痛み、足の痛みと痺れ、間欠跛行といった症状が現われることが多いといわれます。

腰部脊椎管狭窄症の場合、腰の痛みよりも間欠跛行(かんけつはこう)が強く出ることが多いようです。
つまり、足が痛んで長時間の歩行が困難となり、休み休みでしか歩けなくなるような状態です。
しばらく歩くと足に痛みやしびれが出ますが、すこし前かがみになったり座ったりして休むと、症状がおさまるのが特徴です。

また、腰部脊椎管狭窄症では、排尿障害や排便障害といった症状が現れることも少なくありません。

腰の痛みに加えて、足の痛みやしびれがある場合には、脊椎管狭窄症の可能性があるので、早めに病院に行き、医師に相談する必要があります。
そのまま放置しておくのは非常に危険ですので、適切な治療を早めに受けることが大切です。

腰部脊椎管狭窄症の原因

加齢により、誰でも多少は脊椎管が狭窄するものです。
しかし、脊椎管狭窄症を発症させる要因もある程度は分かっていますので、それらを避けるように普段から気をつけることは、腰痛防止にも効果があるといえます。


脊椎管狭窄症の原因には、

・腰への負担
・同じ姿勢の継続
・ひねりの動作
・運動不足

などが知られています。


長期間、腰に負担をかけたり、腰に負担をかけるスポーツなどにより、脊椎管狭窄症になることは少なくありません。
腰に負担がかかるスポーツをしている人、仕事で腰に負担をかけ続けている人は、注意しなければいけません。

また、同じ姿勢をとり続けることも、脊椎管狭窄症になりやすいといえます。
デスクワークなどで長時間同じ体勢で座っているのはよくないので、こまめにストレッチをするなどして体を動かすことが大切です。

腰をひねる動作を頻繁に行うことも、脊椎管狭窄症に繋がります。
体をひねって作業するのでなく、なるべく正面を向いて作業するよう心掛けていきましょう。

過度の運動や、腰に負担をかける運動は好ましくありませんが、運動不足によって筋肉の機能が低下すると、脊椎管狭窄症になることもあります。
適度な全身運動で、腰だけでなくバランスよく筋肉を使うように、日ごろから心がけることが重要です。


このように、脊椎管狭窄症の原因には、日頃の生活と深く関係していることが多くあります。
無理のない運動を続け、腰に負担がかかるようなことは避けるのが良いでしょう。

仕事の合間にはストレッチをしたり、軽い運動やウォーキングを習慣にするなどして、筋肉が劣らないようにすることも、脊椎管狭窄症の予防になります。

脊椎管狭窄症の治療

脊椎管狭窄症と診断されたら、どのような治療がされるのでしょうか。

脊椎管狭窄症になった際に用いられる治療方法は、

・運動療法
・理学療法
・薬物療法
・注射
・手術

などがあります。


症状が軽い場合には、コルセットを使ったり、運動療法によって治療するのが一般的です。
自宅でストレッチや体操を行うことで歪みを矯正したり、筋トレで筋肉を強化することで、症状を改善することができます。ただ、自己流で体操や筋トレをすると、症状が悪化することもあります。
医師の指導に従って、運動をするのが大切です。


一方、症状がある程度重い場合には、理学療法、薬物療法、注射、手術といった治療が行われます。

理学療法とは、血液の流れを改善する温熱療法、電気を使った電気療法、マッサージといったもので、医師など専門家の元で行われます。

また、痛みや痺れが酷い場合は、消炎鎮痛剤、プロスタグランジン製剤、ビタミンB12といった薬が医師から処方されます。
このような薬物療法では、症状を緩和することはできますが、脊椎管狭窄症が治癒することはありません。
同様に、注射も症状を和らげることを目的としているので、根本的な治療法というわけではありません。


そして、症状が重篤で、理学療法などの治療により改善が望めないような場合には、手術という選択肢がとられることもあります。
しかし、手術をしたからといって、100パーセント改善する訳ではないようです。
手術が必要なほど酷い症状になる前に、受診して適切な治療を受けておきたいものですね。

このストレッチで辛い腰痛が改善されました

脊椎管狭窄症エントリー一覧