すべり症

すべり症の症状

このストレッチで辛い腰痛が改善されました

腰痛の原因のひとつとして、「すべり症」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
では、すべり症とはどんなものなのでしょうか。


すべり症は、加齢や生活習慣などが原因となって、腰椎の椎骨がどんどん滑り落ちてしまう症状のことを言います。

この、すべり症で現われる症状は、

・腰痛
・脚の痛みや痺れ

の主に2つです。

すべり症になると、腰痛が必ずといっていいほど現れます。
朝起きたときに鈍い痛みがあったり、激しい運動で強い傷みを感じたりします。
また、長時間の立ち仕事や、重い荷物を持つ際にも、強い傷みが現れます。

さらにひどくなると、腰だけでなく脚が痛んだり、しびれたりすることがあります。


加齢が原因のひとつであるすべり症は、特に中高年に多いといわれています。
年齢を重ねると、筋肉の疲労で腰痛になることも多いですが、すべり症になっていないか、中高年の方は注意しないといけません。

すべり症をそのまま放置しておくと、日常生活に大きな支障をきたす恐れがあります。
ただの腰痛と過小評価せず、早めに病院に行ってきちんと対処するのが良いでしょう。

すべり症にならないために

すべり症には先天的な原因と後天的な原因があるといわれています。

先天的な原因とは、生まれつき腰椎に問題がある場合です。
また、後天的な原因でもっとも多いのが加齢によるものです。

加齢によって、筋肉や靭帯組織、椎間板などが衰えていきますので、高齢になるに従ってすべり症も増えていきます。


しかし、すべり症は運動で改善できます。
運動によって、腰椎周辺の筋力を強化することで、すべり症になりにくい、または症状を緩和させることができるでしょう。

すべり症に有効な運動は、

・水中運動
・ストレッチ
・筋力トレーニング

などです。


特に水中運動は、水の浮力があるので体への負担が小さく、既に腰の痛みがある人にも体を動かしやすいものです。
水の中で歩いたり、軽く泳ぐことによって、腰椎周辺の筋力を強化するのが目的です。

また、ストレッチで腰椎周辺の筋肉を柔軟にすると、すべり症の痛みを減らすことができます。
ストレッチは血行を改善するにも効果的です。

筋力トレーニングで腰や腹筋、背筋などを鍛えて腰にかかる負担を軽減させるのも効果的です。
いきなり強いトレーニングをするのでなく、バランスボールなどを使用した筋力トレーニングで、楽しみながら筋力をつけるのも有効です。


運動は、やり方を間違えてしまうと、すべり症が悪化するだけでなく、他の部位を痛める場合もありますので、専門家の指導を受けるのが望ましいですね。

ストレッチで改善

簡単で手軽にできる運動に、ストレッチがありますね。
すべり症を改善するためにも、ストレッチは有効です。

すべり症など、腰痛になっている腰部は、痛みから緊張状態になっているます。
これをストレッチによりほぐしてやることで、腰部の痛みが軽減されるうえに、腰部の筋肉が少しづつ強化されて、すべり症の悪化も防ぐことができます。


具体的なストレッチ法ですが、一般的なすべり症対策のストレッチをご紹介しましょう。

まず、仰向けになって片方の膝を胸の辺りまで持ち上げます。
そこで10秒間ほど動作を止めてから、ゆっくりと体勢を戻します。
逆の膝でも、同じ動作を行いましょう。
このストレッチでは、腰の筋肉をほぐすことができます。


次は、腹式呼吸のストレッチです。
これは、膝を立てながら仰向けになり、その体勢のままで深呼吸をするというものです。

腹式呼吸で深呼吸をすることで、全身の筋肉がほぐれて、血行も促進させることができます。


ストレッチをする際の注意点は、すべり症の症状がひどい人は、医師に相談してから行うようにすることです。
無理なストレッチは、症状の悪化につながりかねません。

このストレッチで辛い腰痛が改善されました

すべり症エントリー一覧